チャットレディってどういうサイトに出演するの?

チャットレディが出演できるサイトは数多くありますが、ここでは大阪チャットレディ求人プリンセスが取り扱っているライブ配信サイトについてご紹介します。

  • FANZA
  • エンジェルライブ
  • ジュエルライブ
  • マシェリ
  • ライブデゴーゴー
  • チャットぴあ
  • マダムライブ

ここに挙げたライブ配信サイトは多くのチャットレディ事務所でも取り扱われているサイトです。他にも多くのチャットサイトがありますが、どれも事務所が介在できないもので、信頼性に欠けるため、プリンセスを含め他の事務所でも取り扱われていません。

FANZAは元々「DMM〜ドットコム🎵」のCMで有名なDMMが運営していましたが、2018年事業切り分けにより別会社運営となっています。しかしながら母体はDMMに変わりありませんので、大手の安心感があるでしょう。

他のライブ配信サイトも10年以上ライブチャットを運営している安心できる老舗サイトとなるので、お客さまもチャットレディの女性も安全に使えるサイトとなっています。

アダルト・ノンアダルトはサイトによって違う

たとえばFANZAには、「おちゃ」と呼ばれるノンアダルトチャット、「あちゃ」と呼ばれるアダルトチャット、「まちゃ」と呼ばれるマダム向けのチャットが用意されており、出演するチャットレディさんたちが自由に選ぶことができます。

ライブデゴーゴーとマシェリは完全ノンアダルトチャットとなりますので、アダルト要素が少しでもあるサイトは抵抗がある…という場合は、これらの完全ノンアダルトのサイトを選ぶようにしましょう。

アダルトチャットを強制してくる事務所には要注意!

ノンアダルトチャットとアダルトチャット…どちらのほうが稼げるかといえば、確実にアダルトチャットとなりますが、どの出演方法を選ぶかはすべて女性に主導権があるべきです。

しかし、事務所の利益を優先するばかり女性にアダルトチャットを強制してくる事務所も存在しています。他にも面接時点で「ノンアダルトチャット希望の方は採用していない」と言われて不採用になるパターンも。

もちろんプリンセスではノンアダルトチャットレディの方も数多くいらっしゃいますし、出演方法を事務所側が決めることは絶対にありません。

アダルトチャットに出演できる方は問題ありませんが、無理に出演させられそうだと感じた場合は採用を辞退するようにしてください。